病院の休日

人々の命や健康を守る病院。
救急医療体制の整った中規模~大規模な病院では、入院病棟があり入院患者がいるので、基本的にスタッフ全員が休めるという休日はまったくありません。
医師や看護師の人手不足が叫ばれている今日。
日々変化する患者の対応のため、自分の勤務時間を度外視して働いている医師や看護師も多いです。
以前、大きな病院の小児外科に子どもが入院したことがあるのですが、特殊な診療科であるためかその科専門の医師が地域にその医師しかおらず、他県等からその医師の治療を求めて入院してくる人もたくさんいました。
「自分を頼って訪れた患者を見捨てるわけにはいかない」と、医師は家に帰る時間も惜しんで働いていました。
退院して外来で訪れた時、家に返っていなくて曜日間隔も日にち間隔も麻痺していた医師を見て「医師って大変なんだ」と思った記憶があります。
こうまでして働く大規模病院には、病院自体の休日は存在しません。
その代わり、働くスタッフは自分のシフトで不定期に休日があります。
医療従事者の方たちは休日を利用して仕事で溜まったストレスを発散させたり、疲れた体を休めたりしたくても、実際には仕事が気になってゆっくり休めないことが多いようです。
また、医師や看護師たちは日々進化している医療についていかなくてはいけません。
そのため、休日を利用して専門の書物を読むなど、勉強にあてる人も多いです。

医師や看護師も患者と同じ人間です。
患者の心身を守るとともに、自分自身の心身も守るために充分な休日は必要不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です